やねうら部屋の日記
怪獣3兄弟の母がお送りする日常の記録。
やねうら家の壮絶な(?)毎日をご紹介します。
カレンダー

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

登場人物紹介

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

これまでの記事

全タイトルを表示

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

今ご覧のページ

やねうら部屋の日記イロイロ

スポンサーサイト
【--/--/-- 】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


筋肉痛予防薬
【2008/02/10 】
 天気予報的中。昨日は昼過ぎから雪が降り始めました。これまた予報どおり、しっかり積もり、子どもたち大喜び。翌朝の雪かきを楽しみに布団へGO。

 でも、雪は夜の11時過ぎにやみ、朝までには凍ってしまいそう。見ると、雪が積もってから家の前の道を車が出入りしたらしく、タイヤの跡が数本。

 このタイヤの跡がクセモノなんだよな~。他のところはスコップでざくざく雪をすくえても、t単位の車が何度も往復した轍の部分の雪は、こういう湿った雪だと特に、氷になっちゃっててアスファルトから剥がすのに苦労するのです。

 翌朝を楽しみにしている息子たちには悪いけど、というか、母ちゃん的にも息子たちにやってもらった方が助かるけど、うーん、やっぱり今やっちゃうか!しかし夫はちゃー三を寝かしつけたままダウン。仕方ない、ひとりでやるか。

 夜中なのでなるべく音を立てないようにそーっと雪かき。1時間弱頑張り、何とか雪かき終了。やっぱりタイヤの跡は既に固くなってたけど、これ以上踏み固められる前に、また、轍のないところの雪が固まらないうちにやっておいてよかった。我が家の前の道は、東西の道なので、雪が積もったのを放っておくと、なかなか解けないのです。

 が、さすがにひとりであの面積はキツかった。やってる最中から握力が弱り、腕や脚に筋肉痛が出始めました。こりゃ、明日起きられるかな・・・?

 そんな時、先日上司から聞いた話を思い出しました。

 ~激しい運動をしたときは、スポーツドリンクを飲むと翌日効果テキメン、筋肉痛にならないんだよ~

 聞いたときは、ホント~~?市販の、それも薬でもない清涼飲料水で、筋肉痛予防になんかなるんですかぁ?と半信半疑でした。そりゃ、汗を大量にかいたときなんかは、体から失われた成分を補給するにはもってこいのものだし、熱中症や脱水症状の予防になるのは知っているけど・・・。

 しかも今回は既に筋肉痛も出てしまっており、もはや手遅れな感じもしましたが、ノドも乾いたし、まぁ気休めにでもいっちょ飲んでみる?そんなノリで試してみることにしました。

 ・・・・・そして翌朝。






 ないんですよ、筋肉痛が。



 えー?昨夜もはや結構な痛みだったのに?

 ボーリングの翌日のように、親指と人差し指の間はちょっと痛みもあり、「猫の引っ掻きポーズ(?)」をするとイタ気持ちいいのですが、腕やら脚やらは、揉んでみても痛くありません。

 うぎゃあ。ホントだったんだ、スポーツドリンク筋肉痛予防(治療?)薬説。

 ちなみに、私の回復力が人一倍優れているというわけでは決してありません。雪かきの後は、大抵2~3日痛い痛いと騒いでるし、加えてここのところの運動不足。無事で済むわけがない・・・・・はずでした。

 ひゃあ~、いいコト知っちゃった。これからは、「雪かきのあとはスポーツドリンク」。コレで行こう。 ←使う場面がメーカーの期待と違う気もしますが。まいっか。

 皆様も、機会がありましたら是非お試しを。・・・・・・え?常識?


スポンサーサイト

魔性の歌
【2007/04/21 】
 やっと「いたちのたぬき」の無限ループから抜け出せたかと思ったら、また別の罠に陥ってしまった・・・。

 その名も「帰ってきたケロッ!とマーチ」。当然「帰ってきた」とつくからには「ケロッ!とマーチ」というのもあり、ともにアニメ『ケロロ軍曹』(土曜朝10時~テレビ東京)のオープニングテーマであります。

 明るく覚えやすい旋律、ノリのいいリズム、そして何より、その歌詞の内容が心を掴んで離しません(笑)。

 「ケロッ!とマーチ」の歌詞
 「帰ってきたケロッ!とマーチ」の歌詞

 あるある~!身に覚えが~~~

 と、言いたくなるフレーズばかり。どちらもメロディは同じで、「ケロッ!と~」のほうが1番から3番まで、「帰ってきた~」のほうが4番から6番という感じでしょうか。
 
 曲のほうは、YouTubeあたりで検索するといっぱい出てくるようです。ご興味のある方は、是非。名曲です♪

 ちなみに、キャラクター中、個人的にはギロロ伍長が好み(笑)。

お母しゃんは見た
【2007/03/09 】
 今日の夕食は、私がお疲れモードだったために、ラクしてファミレスへ行ったのですが・・・・・・。

 食い逃げなるものを初めて目の当たりにしました。

 私たちの席と通路を挟んで隣の席に座った老女、席につくなりウェイターにからんだり、持ち込んだ缶チューハイをこっそりコップに注いで飲み始めたり。ヘンな人だなぁと思ってはいたのです。

 その老女、しばらくして、通りかかったウェイトレスに、いつまで待たせんのよっ、まったく1時間も待ってんのに注文も取りに来ないで!とイチャモンをつけはじめました。

 うそをつけ。あんた、まだ店に入ってきてから15分とたってないじゃないか。しかも、ついさっきまでウェイターにからんでたでしょうが。

 ひたすら低姿勢に謝るウェイトレス嬢。ほんと、こんな客に当たっちゃって気の毒。あなた全然悪くないのに。しかもその席の担当でもないみたいなのに。

 隣で聞いててあんまりムカムカしてきたので、よっぽどひと言いってやろうかと思いましたが、ウェイトレスさんが耐え忍んでなんとか丸くおさめようとしているのに、私が事を荒立てたら水の泡なので、どうにかこらえました。

 言ってることも支離滅裂で、やっとこさ注文が成立、料理が運ばれて来たかと思えば、「これ、アタシが頼んだの?」とトボけ、またひとしきりからみ、ほんと、嫌な客。こっちの食事がマズくなる・・・。

 そして、私たちも食事を終え、さあ帰ろうかというときにふと見ると、老女はいつの間にか席から姿を消し、荷物もありません。テーブルの上には、さんざん自分はこんなの頼んだ覚えがないとか言っておいてきれいに平らげられたお皿と伝票。

 ・・・あれ・・・?
 いやでも、トイレかもしれないし・・・。

 と思ったその時、しっかり身支度を終え、荷物を持って店を出て行く老女の姿が。

 まさかとは思ったけれど、一応ウェイターさんに声をかけると、やっぱり会計はまだだったらしく、慌てて店の外まで走って追いかけて行きました。追いついても老女は特に逃げる様子もなく、ウェイターさんと長いこと話していたようです。多分開き直って威張ってたんだろうな。

 野次馬してるのも悪いし、その後の予定もあったので私たちは帰ってきちゃったけれど、ウェイターのお兄さん、ちゃんとお金取れたかなぁ。加勢してあげるべきだったか・・・・。

 あーあ、食い逃げした本人がしれっとしてるのに、なんで周りの人間が、こんなヤな気分にならなきゃならんのだ。いや、でも私たちなんかより、お店の人たちはもっとヤな気分に違いないよね・・・。

 これからしばらく、あの店に行く度に思い出してしまいそうです。

父、出所
【2007/02/11 】
 1月28日の深夜に心筋梗塞で倒れ、救急車で運ばれた父が、退院しました。ほんとに2週間で出てきたよ・・・。

 これからもリハビリは続くらしいけれど、本人はもう普段の生活に戻すとはりきっています。スクーターの運転も許可が下りてるらしいけど、だーいじょうぶなんかなぁ~。

少しはおとなしく
【2007/02/01 】
 先日心筋梗塞で倒れた父が、順調に回復し、準CCUへ移ったとのこと。さすが心臓けむくじゃらの父、回復も早い。この分なら、大部屋へ移る日もそう遠くないかもしれません。

 よく言えば人懐こい、悪く言えば無神経で図々しい(しかも“超”がつく)父のこと、回復したらしたで、周りに迷惑かけるんじゃないかとちょっと心配・・・。

 ・・・と母に話したら、やっぱり予感的中。

 ちょっと元気になったと思ったら、もう看護師さんに携帯借りて、友達に電話かけまくっているらしい。いや、もちろん携帯って言っても看護師さんの私用携帯じゃなくって、病院の医療用携帯(っていうのかどうか分からないけど)だろうけれどさ・・・。

 とほほ。やっぱりか。私ゃ恥ずかしくてもう見舞いに行けないよ。

父、倒れる
【2007/01/29 】
 夜中、実家の母から連絡が。父が心筋梗塞のため救急車で運ばれたとのこと。

 えぇ!?心筋梗塞!?・・・誰が???

 父は、もともと高血圧気味ではあったけれど、特に心臓が悪いということもなく、毛が生えていると診断されても驚かないけれど、その動きに支障の出るような病に冒されるとは思ってもみませんでした。運ばれた先で、急遽カテーテル治療を受け、とりあえず落ち着いたとのこと。今すぐどうこうということはないらしく、私と妹は呼ばれませんでした。

 早朝、再び母から連絡が。カテーテル治療は成功、これから3日間がヤマではあるけれど、CCU(ICUの心臓疾患版らしい)で絶対安静にし、徐々に準CCU、一般病室と移っていければ、早いと2週間で退院できるとのこと。本人もずっと意識があり、会話もできるらしく、命に別状はなさそうです。

 未明に帰宅した母は、主治医からの説明を受けに、お昼にまた病院へ戻るのだといいます。父もタイヘンですが、母だってかなりタイヘンです。老体に鞭打って、自分が倒れないようにしてもらわないと。

 「一緒に行こうか?それとも代わりに聞いとくから家で休んでたら?」と言ってみたけれど、「へーきへーき。話聞くだけだから、人数ばっかりいたってしょーがないよ。私ひとりで充分。私が仕事休めないときになんかあったら、その時によろしく頼むわ」とのこと。ここらへんが、母の母たるところだよなぁ。私の知っているこの年代のおばちゃんは、こういう時、ひとりじゃ不安だからついてきて~というタイプの人が多いんだけどねぇ。

 終業後、見舞いに行くと、いろいろな管に繋がれた父が、CCUの一角のベッドに横たわっていました。昔から父とは衝突が多く、未だに思い出すと腹の立つようなコトもたくさんあるのですが、この病人然とした(いや、ほんとに病人なんだけど)父を見て、あぁ、歳とったんだなぁ、と、なんだかすごくシンプルに、そう思いました。

 ・・・ってもまぁ、まだそんなヨボヨボってトシじゃないんですが。

ペンタブ新調
【2007/01/05 】
 日記にイラストを入れるようになってからペンタブレットが大活躍。でも私のは旧式で、さらに17インチモニタには少し小さめなA6サイズなので、使い勝手が今イチでした。この際だから新調しようと先日家電屋さんで見てきたものを、先週ネットショップにて注文。それが今日届きました。

 残業から帰って眠い目をこすりながら部屋に入ると、なにやら大きなダンボール箱が。一瞬何が届いたのかわかりませんでしたが、送り主を見るとペンタブを注文したお店です。えー?私、A5サイズのペンタブを頼んだだけなのに?だってまるで、パソコンか何かが入ってるんじゃないかってくらいの大きな箱なのです。

 おそるおそる開けてみると、中には紙やらビニールやらの緩衝材がわんさか。取り出しても取り出しても、なかなかミが出てきません。実はクズしか入ってないんじゃあるまいな!?と疑いかけたそのとき、底の方~~からペンタブ登場。あー、ヨカッタ。すんごい箱入りムスメだ。きっとこれがそのお店の手持ちの一番小さい段ボール箱だったんだろうなぁ。けど、どうせなら上にも下にも緩衝材入れた方が良かったりしない??

 さっそくセッティング。おー、なかなか使いやすい。付属のボタンにショートカットキーを割り当てられるのも気に入った!

 まー、ペンタブレットを新しくしたところで、絵の腕前が上がるわけではないのがカナシイところだけど、描きやすいってのは大きなメリットです。

箱入りムスメ



正統派
【2006/12/23 】
 午後、ちょっと欲しいものがあって家電屋さんを覗いたときのこと。お母さんらしき人に連れられた4~5歳と思われる男の子が、レジのそばでひっくり返っていました。

「やだぁ~~~~!買って買ってえ!買って買って買って買って~~~~ッ」

 おぉ~、今ドキ珍しい正統派ダダ。こんなトラディショナルなの、久しぶりに見たよ。お母さんにしてみたらたまったもんじゃないだろうけれど、ハタで見てる分にはオモシロイ。彼が何を欲しがっているのかはわかりませんでしたが、売り場からレジまでずーっと要求してきたのが通らなかったので、最後の手段に出たらしい!?

 でもお母さん、「ああまたか」という感じで、まったく意に介さず、普通に会計を済ませて「ホラ行くよ!」とお友達の母子連れと一緒にスタスタ。あわてて追いかけるダダっ子。さすが。

正統派ダダ

母は強し


タイムスリップ
【2006/12/13 】
 お昼の窓口当番だった上に、今日は出張の人あり、突発休の人ありで人手が足りず、順番でお昼休みを取っていたら、昼食がえらく遅くなってしまいました。

 でも、実はお昼休みがずれ込むのはそんなにキライじゃありません。お店に入って食べるにしろ、公園でお弁当を広げるにしろ、一般的な昼休みの時間を外すとすいているからね~。

 さーて、今日はどこで食べようかなー、なんて考えながら、なんとなーくよく行くパン屋さんの方向へ自転車を走らせていたら、なんとなーく遠回りしたくなり、たまたま見えた母校(高校)の方へハンドルを向けると、当時からある甘味処が目に入りました。

 甘味処といっても、甘味はおしること、あと2~3種類あるだけで、どちらかというとそのお店で有名だったのは、すいとんでした。高校では、昼休みに外食に出ることは禁止されていたけれど、何だかんだ行っちゃってる人もいたし、部活後に寄ったりとか、授業をサボってそこで時間をつぶしている人もまれにいました。

 その甘味処の表に、今日も「すいとん」の幟が立っているのを見つけ、懐かしくなってとっさに入ってしまいました。

 お店の中は、あのころとまったく同じ。古い家の匂いというか、「田舎のおばあちゃん家」的な匂いがしました。あまりの変わらなさに、懐かしいやら驚くやら。お客さんは誰もおらず、静まり返っています。

 お水を持ってきてくれたお店の女性にメニューをお願いすると、「うち、大したものないんですよ」との返事。はは、なんて商売っ気がないんだ(笑)。「表にすいとんって書いてありましたけど、この時間でもできます?」と訊くと大丈夫とのこと。じゃあすいとんの並、お願いします~。

 しばらくして運ばれてきたすいとんは、これまた当時と変わらぬ外見とお味。なんだかここだけ時間が止まっているというか、タイムスリップしたような気分になりながら、あつあつのすいとんをふぅふぅ言いながら平らげました。

 帰り際、お店の女性から「初めてですか?」と訊かれ、実は昔、高校時代に来たことがあることを告げると、私と同じくらいの年代の卒業生で、地元に残っている人たちが、今でもときどき来てくれるのだと話してくれました。中には子どもを連れてくる方もいるとか。

「ここもいつまで続けるかっていう感じなので、なくなる前にって皆さん写真撮りにきてくれたりするんですよ」

 見ると店内で撮ったらしい卒業生の写真が、壁に何枚も貼られていました。ふーん、そうかぁ・・・。なくなっちゃうんだ・・・。

 周りの建物はだいぶ変わっちゃったけど、この一角だけは昔のまま。いずれここも周りの変化に吸収されてしまうのかもしれません。まったくの偶然だったけれど、その前に一度来ておけてよかった。

かぐわしき誘惑
【2006/12/12 】
 ここのところ、また体重が増加してきている私。そろそろ締めねばと危機感を感じている今日この頃。

 わかってるんです、間食が悪いんだってことは。でもお腹がすくんだもん。だってほら、食欲の秋だし。←もう冬だよ

 昼休みにふらっか~ずで走り回ってもたかが知れており、乗らないよりはマシだろうけど、体重を落とすまでには至らず。

 でもさすがにこれ以上増えるとリセットがきかなくなりそうだから、そろそろセーブしようと食欲との闘いを始めたばかりなのですが・・・。

 ピーッ、ピーッ、ピーッ。

 今夜もホームベーカリーにて明日の朝食用の食パンの完成。パソコンに向かっていても、パンのいい匂いが家中に充満し、普通に食欲を我慢するよりツラいのです。
 ああでも、夜中の間食ほど太るものはありません。胃にも悪いしね・・・。

 そして今夜も、息を吸うたび襲いかかる誘惑と闘わなければならないのでありました。もー、こんなときは寝るに限るっっ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。