FC2ブログ
やねうら部屋の日記
怪獣3兄弟の母がお送りする日常の記録。
やねうら家の壮絶な(?)毎日をご紹介します。
カレンダー

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

登場人物紹介

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

これまでの記事

全タイトルを表示

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

今ご覧のページ

やねうら部屋の日記母ちゃん

スポンサーサイト
【--/--/-- 】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


弁明させて
【2007/01/21 】
 ここのところ、納豆が異様に手に入りにくくなりました。原因は、ご存知『あるある大辞典』。私は番組は見てなかったのだけれど、納豆を朝晩1パックずつ食べると、無理なく痩せられるだとかの放送があってからというもの、スーパーの納豆売り場は連日カラ。私が買い物に行けるのは仕事帰りだから、いっつも売り切れなのです。

 そして今度は、その番組のデータの捏造とやらが発覚し、昨日のニュースで報じられると、とたんに売れゆきが悪くなったようで、納豆コーナーには「こんなにどうするの?」というくらい、山のようなおかめたちが天井を見つめておりました。

 我が家はみんな、もともと大の納豆好き。納豆ご飯にするときは、当然1人1パックとなるわけで、そうすると、1食で5パックが消費される計算です。納豆は大抵2~3パックがひとまとめになって売っているので(高級納豆はそうじゃないけど、ウチには縁がないもんで)、買うときは必ず2セット以上となるわけです。

 番組放送直後は、レジ係の人や後ろに並んでいる人に「アラ、この人もやってるのね」と思われてるような気がして、何でもいいから早く袋に詰め込んでしまいたいと思ったものですが、捏造発覚後は、手に入りやすくなったのはいいのだけれど、「アラ、この人まだ知らないのね」と笑われてる気がして、やっぱりいたたまれないのです・・・。ああ、ウチの事情を説明したい。

 いやしかし、なんで見てもいない番組の影響で、私が周りの目を気にしなきゃならんのだ。口あけて待ってる息子たちのためにも、今日も6パック購入していくわよ!!

弁明



器の問題
【2007/01/17 】
 久しぶりに同期3人でランチしようということになり、WちゃんとYちゃんと待ちあわせて職場近くのファミレスへ。私以外は二人とも娘も息子ももつお母さん。女の子、いいよなぁ~~なんて話をすると、いや~女の子もムズカシイよーとのこと。なんでも女の子は保育園の時期からオトモダチ関係が難しいようで、彼女たちいわく「女の人間関係の縮図」だそうで・・・。

 Wちゃんが、先日保育参加(子どもの保育園での様子を見に行く行事。乳児クラスはお母さんが目に入ると普段の様子が見られなくなるので隠れて部屋を覗くだけ。幼児クラスは一緒に遊んだりも)に行ったときのこと。彼女の娘ちゃんより大きいクラスの女の子たちが砂場で遊んでおり、その中のリーダー格の女の子が、友達を引き連れてよってたかって一人の女の子に意地悪をしていたんだそうな。で、いじめられてた方の子がキレて、持ってたシャベルだかを砂場に投げつけたのだそうです。そしたらリーダー格の子がしめたとばかり、得意気に「今、投げたよね?シャベル、投げたよね?みんなも見たよね?今●●ちゃん、シャベル投げたー。あーあ、先生に言ってやろ~」

 言われた女の子はその時点でわーっと泣き出し、先生登場。リーダー格の子は嬉しそうに先生に報告。それを見ていたWちゃん、あんまり頭にきたもんだから、先生への告げ口が終わるや否や、リーダー格の子に向かって「でもさ、その前にアナタ、いじめたよね?シャベル投げるところまで、追い詰めてたよねえ?」と本人に指差しながら言ったのだそう。サーッと青ざめ、口ごもるリーダー格の子。

 「あ、まだコレでキくんだーと思ったけどさ、それにしてもなんかすごーくヤなもの見ちゃったよ。うちの娘も、そのうちああいうのに巻き込まれるのかなぁと思うと今から憂鬱」とWちゃん。

 Yちゃんも「うちは年中なんだけど、女の子同士で遊ぶときって、2人じゃないとダメみたいでさ、3人目が入ろうとすると片方の子がだめーとか言うんだよね。“あの子と遊ばない方がいいよ”、なんて別のところで言ってたりしてさー」とため息。そういや別の友人のCちゃんも、娘ちゃんのことでそんなこと言ってたっけなぁ。

 ははぁ~、保育園児にしてそんな複雑な人間関係。そんなことばっかりじゃないだろうけど、女の子って時々そういうところでほんと、結構難しいんだね。そういうセンシティヴな問題とは縁遠い私には、女の子のお母さんはつとまりそうもないや。だからウチには息子しか生まれんのか・・・。器ってあるよね。

単純トリオ


 ウチの息子は単純明快なのばかり。所詮私にゃこの程度。


負けないわ
【2006/12/20 】
 我が家で大活躍しているモノのひとつに、カリタの「ふわふわカプチーノ」というのがあります。ミルクを温めてこれで泡立てるとホイップクリームのようになり、コーヒーの上にのせて楽しむというもの。

 本来は温めた少量の牛乳をホイップし、出来上がったクリームをコーヒーに注ぐのが正しいやり方なのでしょうけれど、私はあらかじめカフェオレを作っておいて、それをそのままホイップしてカフェオレ味の泡をつくるのがお好み。ちゃんと泡までコーヒー風味になるからね~。

 ところがこのふわふわカプチーノ、なかなか元気がよろしくて、ちょっと気を抜くとすぐカフェオレがカップからあふれてしまうのです。それならちょっとだけ別のカップに移し、それをホイップすればいいようなものですが、それじゃあ私の気がすまない。こうなるともう意地。これは私とふわふわカプチーノとの闘いなのです。

 そして今日も、連戦連敗。

連戦連敗


中身が違うの
【2006/12/17 】
 今日は何やら「かたづけ虫」が騒ぎ、朝も早よから家の掃除。

 しかも居間を片付ければ、出てきた未使用の電池をしまいに行った2階の収納棚の雑然さが気になって整理をはじめ、そこでトイレットペーパーのストックを見つければ、そうだ、トイレのペーパーの予備がなくなってたっけとトイレに向かい、無事トイレの収納にトイレットペーパーをしまえば、今度は便器の汚れが目につきトイレ掃除に突入。洗濯物をたたんでちゃー三の分をタンスにしまおうとすれば、タンスの中にもはや着られなくなった服が肥やしになっているのに気づいてタンスの整理に夢中になり、はたまた料理本を取りに行けば本棚の整頓をせずにはいられなくなり・・・と、まー自分でもあきれるくらい、あっちゃこっちゃの汚れに目をとめては、家中神出鬼没(?)状態でバタバタと片付けておりました。

 でも、一日が終わってふと周りを見回してみれば、BeforeもAfterもさほど変化なし。主に収納の内部にターゲットが集中していたことが敗因か。
BEFORE★AFTER



降参
【2006/11/14 】
 とうとうメガネを作りました。

 実は先週、夜に自転車で走行中にまたもや転倒し、うー太との羽田旅行中、やっぱり転んですりむいたひじを上からすりむきなおしてしまうということがありました。ついでに口元も軽く打ってしまい、すぐに冷やしたから大して腫れはしなかったけれど、つい先日まで痛みが残っていました。

 車道を走行中、それまで白線で区切られているだけだった歩道が、交差点を越えた途端、一段高くなったのに気づかず、白線ギリギリを走っているつもりが縁石にこすってしまい、歩道側にスッテンコロリン、というのが顛末(車道側にコケなくてよかった。車も来てはいませんでしたが)。

 で、昼間はともかく、夜は視力がよけい落ちるから、路面が見えていないんじゃないの?と指摘され、ああそうかも、と思ったのです。メガネは持っていないこともないんだけれど、学生のときに作った、あられちゃんメガネもかくや、という大きくて重いもの。フレームこそ太くはないものの、その重さに鼻の付け根がムズムズするのでどうしてもなじめず、今ではせいぜい星や洋画を観に行くときくらいしか使っていません。って、映画館に洋画を観に行くこと自体ほとんどないんですが。

 きっと視力も当時とは変わっているだろうし、安いので充分だからそろそろ1本作っとくか、ということで、今回の購入に至ったわけです。メガネ屋さんは、アフターサービスのことも考えて、家や職場からわりと近いところにしました。以前作ったときは、素直に眼科推薦の小さな眼鏡店に行ったので、フレームの選択肢は10もなかったものですが、さすがイマドキのチェーン店は品揃えも豊富。目移りしてしまうほどにいろんなフレームが並んでいます。しかも小さくて軽い!その小ささに、かけたときフレームの端が視界に入るのが気になりましたが、それも最初だけ。なにしろ鼻の付け根がラクなのが気に入りました。

 視力も結局そう変わっておらず、日常生活には申し分ないので、遠くを見るときや運転のときだけメガネを使うようにしてくださいねとのアドバイスを受け、ひと安心。もともとそういう使い方をするつもりだったので、何の問題もありません。

 出来上がりは16日夕方とのこと。は、早いのね~。

多忙な週末
【2006/10/21 】
 今日は学童まつりです。実行委員になっている私は、焼きそば班で朝から参戦(“戦”?)。包丁とまな板持って行ってきます。

 今月は毎週子どもがらみの行事で埋まってるけど、今日は祭、明日は式&披露宴で今週が一番ハードです。

久々に
【2006/10/05 】
 朝、テーブルに両手をついた格好で立ったままくしゃみをひとつ。

 ・・・ハクション!
 ・・・ピキッ・・・



 ・・・・・・・・・。

 ・・・・う・・・・。

 やっちゃいました。久々に首の筋を。昔から首が弱く、すぐ筋を違えてしまう私が、ここしばらくは無事だったのになー。あーあ。

 で、夜の残業で力仕事をし、体があったまったから治ったりして!?と淡い期待を抱くも、うーん、よけい痛くなった・・・。みなさん、私に話しかけるときは、決して右後ろから呼びかけないように。

甘い時間
【2006/10/04 】
 しー次の通う学童保育所で、10月中旬に学童まつりが開催されます。保護者たちは、毎年何かしらの実行委員を務めなければならず、私もこの学童まつりの実行委員の1人となっています。

 今夜はその第2回目の打ち合わせ。7時から学童に集まって各担当ごとに当日までの段取りを決めていきます。われらが焼きそば班は、経験者が多かったのも手伝って、トントン拍子に決まっていきます。そしてあとは他の班の終了を待つばかりになった頃、隣にいた1歳になるかならないかの赤ちゃんからコンタクト。

 ・・・いやもう、カワイイのなんの。ちゃー三もちょっと前まではこんな感じだったはずなのに、今やすっかり赤ちゃんぽさも消え、少年の域に入ってきてしまっています。久々の“赤ちゃん”に、もうメロメロ。かわいいシナプス刺激されまくりです。遊んであげてるフリして、本当に遊んでもらってたのは実は私のほう。うぅ~、赤ちゃんの手って何でこんなに気持ちいいんだろう。 ← ほとんどセクハラ

甘い時間


 こんなことを20回くらいやってました・・・。

波野家の人々
【2006/09/23 】
 突然ですが、ワタクシ、我が家では「空耳大魔王」として君臨しています。

 耳は結構いいはずなんです。知人なら電話で「もしもし」と言われただけで誰だかわかるし、音楽CDを聴いてその中からピアノの音だけを聞き取って楽譜に起こせるし(ただし4和音まで。しかも時間がかかりますが)、階段を昇る足音で家族の誰が2階に上がってきたかもわかります。

 が、耳に入ってきた音を言葉に変換する機能が、ちょっとどっかズレてるのかもしれない。

・テレビで綺麗なアナウンサーが「甘ちゃんである●●選手が・・・」というのを聞いて、にこやかな顔でずい分なことを言う姉ちゃんだと驚いていたら、どうもゴルフのアマチュア選手の話だったりとか、

・部下の連絡先を「えんま帳で調べればわかるから」という係長に、「この人、そんなもんつけてるのか」と内心いや~な気分になっていたら、公衆電話のあるコーナーから持ってきた電話帳を一心不乱に調べる係長の姿に気がついたりとか、

 結構いろいろやっています。

 そして今日も遺憾なく大魔王ぶりを発揮してしまったワタクシ。今日はお彼岸ということで、夫の母を中心に、親戚が集まってお墓参りでした。家を出る直前、夫が姪の家に電話をかけているのが聞こえてきました。

「もしもし、あ、みぃちゃん?ノリスケおじさんだけど





 おいおい、うちはいつから磯野家の親類になったんだ?

 夫がノリスケさんなら私はタイ子さんか?・・・まあ美人で気立てのよい妻というキャストはちょっと嬉しいが・・・。すると息子たちは、さしずめ「カツオ、タラオ、イクラ」ってとこかしら。いや、カツオとタラオとイクラは兄弟じゃないけどさ。しかも、キャラ的には「カツオ、カツオ、カツオ」って感じだし。

 もちろん私の聞き間違いであることは明白です。けれど、どこをどう聞き間違えたらそう聞こえるんだ?夫の名前はノリスケとは程遠い、というか1文字も合ってないし、最初の文字がオ段だという以外は、まったくかけ離れた名前です。いくら私が空耳大魔王でも、さすがに無理があると思うんだけど。

 ということは、やっぱり夫は自分のことを「ノリスケおじさん」だと名乗ったに違いない。そう思い、受話器を置いた夫に「チャーン!」と・・・じゃなかった、「なんでノリスケなの?」と声をかけてみました。目が点になる夫。おっかしーなー。絶対そう言ってたと思うんだけどなぁ。空耳大魔王、どうやらパワーアップしているようです。(でもおとといの日記の「エチョーブトー」はホント)

邂逅
【2006/09/01 】
 今日は小学校の引き取り訓練があるので休暇をとりました。最初はお祖母ちゃんに頼んでいたのだけど、急に実家の近所の人が亡くなり、お葬式に参列するため引き取り訓練には行かれないと先日連絡が来たのでした。

 平日にちゃー三を保育園に預けて休むなんてなかなかないので、ついでに混んでいる土日にしか行かれない歯医者や買い物なども済ませてしまいました。買い物の最中、向こうから見知った顔の女性が歩いてきます。高校時代の同級生でした。

「あれ?きー!?」
「しゅうちゃん(仮名)!?」
「どしたのー、買い物?」
「しゅうちゃんこそー、エプロン姿で、なに、仕事?」
「うん。棚卸しのアルバイトー。今日で終わりなんだけどねー」
「そうなんだぁ。いや、びっくりした。まさかここで知り合いに会うと思ってなかったから」
「あたしもー。」

 いや、ほんとにびっくりしました。しゅうちゃんとは今でも年賀状のやり取りはしていますが、実際に会うのは・・・どのぐらいぶりだろ?別の友人の結婚式とかで何回か会ってるから、数年ぶりくらいだとは思うけど・・・。

 それにしても、雰囲気が昔と全然変わらない。ひと目でしゅうちゃんとわかったもの。おっとりとした話し方も昔のまま。髪型も服装も表情も、すべてが「しゅうちゃんスタイル」のままです。

 彼女の目には私はどう見えていたんだろ?なんたって三人も産んじゃったしなー。貫禄ついちゃってんだろなー。それはそれで悪くはないんだけどね。

 しゅうちゃんは仕事中だったのであまりゆっくり話すことは出来なかったけれど、また高校のときの友人達と集まろうねと話して別れました。うーん、あのコやあのコはどうしてるんだろう?久々に連絡とってみようかな・・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。